ブックタイトル2019-2020 ユーザーカタログ

ページ
4/76

このページは 2019-2020 ユーザーカタログ の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2019-2020 ユーザーカタログ

03ウッドコア芯材はあらゆるスキーの心臓部でありスキー全体のフレックスやパワー伝達を左右する要素です。// モデルごとに適切な芯材を採用することで使用目的や想定されるパワーに適合したパフォーマンスを発揮。// 様々な木材をその他の素材と組み合わせて、構造、厚み、硬さ、フレックスなどにバリエーションを生み出します。ベース(滑走面)最大限のスピード、俊敏性、耐久性を確保するために、フォルクルでは高品質の滑走面素材を使用しています。// 全ラインナップの90%以上にシンタードのP-TEX滑走面を使用しています。// 優れた滑走性能は高レベルのワックス浸透性から生まれます。また摩擦抵抗、耐久性にも優れた素材を厳選して採用しています。軽量構造軽量構造もフォルクルが長年取り組んできたテーマのひとつです。どのようなジャンルやレベルのスキーを選ぶ場合でも、それぞれのスキーヤーにフォルクルの軽量構造スキーが与えられる恩恵は決して小さくないでしょう。// 慣性質量が減ることでよりダイナミックな感覚が生まれ、パフォーマンスと雪上の感覚が高まります。// ターンの際、無駄な力を必要とせず筋肉の疲労も減少します。// スキーの軽さが操作性を向上させ反応も速くなります。パーフェクトセットアップフォルクルはターゲットスキーヤーに適したモデルを提供するため「パーフェクトセットアップ」を恒久的なテーマとしています。その背景には複雑なプロセスが存在します。下に挙げたスキーの構成要素が独立した効果と相互に影響し合い最大限のパフォーマンスを発揮する商品開発のため日々研究を続けています。素材の厳選 芯材テクノロジーと構造 ビンディングシステム長さとラディウス ロッカー形状フレックス サイドカットスキー表面に氷が付きにくく、スキーの重量も軽減するユニークなトップシート素材です。// 雪や氷がトップシートから滑り落ち付着しにくいです。// 使用時の雪・氷の付着を防ぐことでスキーの総重量を20~30%軽く保てます。特徴は、ビンディング前後から中央部分が高く盛り上がっており、エッジまたトップとテールに向かうにつれて急激に低く平らになっている独自の形状です。これにより、重量やスウィングウェイトが軽くなり、機敏性を向上させています。同時に中央の盛り上がり部分がフレックスを精密に分配し、スキーは調和の取れたフレックスを得ることができました。軽量化されているにも関わらず、3Dリッジによって、スキーの耐久性と弾力性は妥協することのない仕上がりになっています。// 幅広スキーの軽量化を実現しました。// 高いポテンシャルを発揮します。// フレックスパターンの明確化、トップからテールまで正確にパワー伝達します。// より少ない力で回転することができます。(3Dリッジ)(アイスオフ トップシート)