BLOG

RACING BLOG

東北ブロック秋季トレーニング(2日目)

残念ながら2日目も天候には恵まれず室内でのトレーニングとなりました。

先日から引き続き瀧澤孝次コーチによる、SAQトレーニングを中心にトレーニングを

行いました。更に細部に亘りトレーニング内容が濃く、室内でありながら参加選手達は

良い汗を流していました。コーディネーショントレーニングでは、スタッフも参加し選手

達と競い合ったりと楽しみながら頭もフル使い様々なトレーニングを行いました。

DSCN2483.JPG

 

 

ミニハードやバランスディスク

の中で、上体や骨盤などに意識

して行う。ステップの一歩にも選手

の癖を指導する瀧澤コーチ

 

 

 

DSCN2486.JPG

 

競技性のある種目の中で、頭を使い

視野も広くなければならない

識別能力も問われる。

先を読むこと、次の行動を考える事

選手達は楽しみながらも白熱して

いた。

 

 

DSCN2488.JPG

 

選手全員が一体とならなければならない

テニスボールを上に投げて、横に移動

前の人が投げたボールをキャッチする

誰一人として落としてはいけない

簡単そうで難しい・・・

最後は成功し全員で拍手。

 

 

DSCN2490.JPG

 

 

 

トレーニング終了

皆さんお疲れ様でした。

今回のトレーニングをしっかり活かして

飛躍のシーズンにしましょう。

 

 

 

最後は東北ブロックコーチ 三浦千晴コーチの下解散しました。

参加選手の皆さんお疲れ様でした。

また八幡平高原ホテル様 ありがとうございました。

最後にコーチ スタッフの皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

東北ブロック秋季トレーニング(1日目)

 

9月18日から2日間 岩手県八幡平市にて東北ブロック秋季トレーニングが行われました。

初日は残念ながら雨降りのスタートとなりましたが、SAQを中心とした様々なトレーニング

を女子と男子 2グループに分かれて進めました。

AM 男子にはスキーのコーチとしては勿論 トレーナーとしても活躍されている瀧澤孝次さん

によるSAQトレーニングとトレーニング前のストレッチまで細部至るまで指導していただきました。

DSCN2464.JPG

 

重要なポイントを的確に解りやすく選手に

説明する瀧澤コーチ

また小松恭平選手(北日本カレッジ)

もトレーニングを行いながら選手達に    

アドバイスをして頂きました。

 

 

 

DSCN2476.JPG

  

頭(脳)を使う事や身体の新たな使い方を覚

えてチャレンジする選手達も、熱心に説明を

聞き積極的にトレーニングに取り組んでい

た。

 

 

 

DSCN2471.JPG

  

女子グループには佐藤聖宣コーチと          

地元岩手県出身 高橋翔大選手(法政大

学)による、階段を使用した股関節進展動作 

ハムストリングの使い方などを細部に至るま

で説明し実践する選手達。

 

 

 

DSCN2480.JPG
 トレーニング終了後全体ミーティングで

今回のトレーニングコンセプトと動きの

ポイントなどをもう一度瀧澤コーチから

説明して頂き重要なポイントの理解を深めた。

また大池サービスマンによるスキー性能

ワックスやチューンナップの重要性を説明

して頂き内容の濃いミーティングとなった。

 

                                                                             DSCN2481.JPG      

全体ミーティング後にはフォルクルチーム

のチームミーティングをおこない

小松選手と高橋選手によるスキー映像を

見ながら海外のジュニア選手と日本人選手

との滑りの違いなどを現役選手による選手

目線での解説をして頂いた。

 

 

1日目が終了

生憎の雨降りではありましたがトレーニングでは新しい動きや細部への意識

など内容の濃いトレーニングとなりました。

 

 

 

 

9月10日・11日にICI石井スポーツ新潟店とのコラボトレーニングキャンプとして

プラスノートレーニングが行われました。

太陽照りつける真夏の時期でのスキーブーツを履いたトレーニングでしたが

暑さにもまけず、充実したキャンプとなりました。
プラスノーキャンプ.JPG

 

 マーカーフォルクル アドバイザーの1人上山氏によるオーストリア夏合宿が先日行われました。

有意義な合宿を終わられ、このたび終了報告が届きました!

 
◆「夏休み、オーストリア合宿2011」◆
 
7月25日(月)~8月11日(木)までの18日間、
オーストリア ヒンタートックスにて、
「夏休み、オーストリア合宿2011」、おこなってまいりました。
 
参加者は 中学生・高校生が中心で、14名。
選手たちは、来るシーズンで活躍するためのメニュー、しっかりやってきました。
 
 

集合写真.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
期間中は、天候にも恵まれ充実したトレーニングでしたが、
選手たちの成果と課題が、みえた合宿でもありました。
 
 

トレーニング風景.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルペンスキーの本場、オーストリアで体験した多くのことを
一人ひとり しっかり噛みしめて、シーズンまでの期間を過ごしてもらいたい。
 
 

合宿滑り.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私たちは、夢と目標に向かって頑張る選手たちを全力で
サポートしてまいります。
 
 次回の「秋期、オーストリア合宿2011」は、
ワールドカップ開幕戦に合わせ、10月20日(木)出発を予定しています。
 
 上山

 

先月はじめに野沢温泉スキー場 長坂インラインコースでフォルクルジュニアプログラムの

夏合宿が行われました。

今回のキャンプの目的は身体的能力の向上はもちろんのこと、メンタル面での強化に

力をいれ、限界近くまで体力・精神面を追い込んだトレーニングが組まれました。

とても厳しいトレーニングでしたが、延べ67名の参加者の内1人も途中であきらめる子が

いませんでした。

それどころか、日々目の輝きが変わる姿に今後の成長が楽しみな充実したキャンプとなりました。

夏合宿坂.JPG

 

 

 

 

夏合宿集合写真.JPG

pagetop